HIP - Home Island Project

Powerd by Gofield.com,inc.

活動紹介

HIPlog

【出演報告】12/3(土) J-WAVE 〜 THE FUTURE TIMES RADIO〜Talking about our future

■J-WAVE 〜 THE FUTURE TIMES RADIO〜Talking about our future■

==================================================
日 程:2012/12/3(土)24:00-25:00 生放送・USTREAM配信
    2012/12/3(土)25:10-25:30 USTREAM配信のみ
放送 局:81.3FM J-WAVE
番組名:〜 THE FUTURE TIMES RADIO〜Talking about our future
ナビゲーター:ASIAN KUNG-FU GENERATION
       THE FUTURE TIMES 編集長 後藤正文
HP:http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/AKG/ 
THE FUTURE TIMES http://www.thefuturetimes.jp/
J-WAVE番組 HP:http://www.j-wave.co.jp/blog/futuretimes/
UTREAM配信ページ:http://www.ustream.tv/channel/jwavech1
ゲスト:
東洋大学 経済学部 非常勤講師/独立行政法人中小企業基盤整備機構 リサーチャー
西田 亮介
Home Island Projcet(HIP) プロジェクトリーダー 大濵 彩花
Twitter:#jwave
==================================================

地域コミュニティを代表し、HIP プロジェクトリーダー 大濵 彩花が、
J-WAVE 特集番組〜 THE FUTURE TIMES RADIO〜Talking about our futureに、
生出演いたしました。

スクリーンショット(2011-12-04 15.42.08).png

==================================================
【番組内容】
ASIAN KUNG-FU GENERATIONのボーカル、ギターであり、
未来を考える新聞THE FUTURE TIMES 編集長である後藤正文が、
リスナーと共に未来を改めて考える切っ掛けとなる番組。

今回のテーマは『Think Local〜今、地方について思うこと』
アジカンのゴッチがリスナーと共に地方について語り合います。
自分の地元の事、被災地の事、そもそも地方ってどこのこと?など、
皆さんの思う地方について自由にメッセージをお送り下さい。

メールアドレス:ft@j-wave.co.jp
==================================================
新しい時代のこと、これからの社会のこと。
未来を考える新聞『THE FUTURE TIMES』は、創刊号が11月30日に発行。

新聞(無料配布)を手にした人のみ後藤正文さんが作詞/作曲した
最新楽曲『LOST』(short ver.)のダウンロードコードを入手できます。

配布場所等詳細は こちら


thefuturetimes01.jpg


ナビゲーターの後藤 正文さん(中央)、ゲストの西田 亮介さん(左)、HIP 大濵 彩花(右)。

スクリーンショット(2011-12-04 13.01.34).png

番組テーマは『Think Local〜今、地方について思うこと』。

3部構成で、
[ Think Local 震災と地方 ]
[ Think Local 地方に暮らす ]
[ Think Local 地方の可能性 ]について、

リスナーの方々のメッセージ、
事前に実施したアンケート回答をもとに、
ディスカッションしました。


==================================================
【アンケート 回答集】
【J-WAVE】アンケート回答集 2012_12_3.xls

【アンケート 質問内容】
1:震災後の地方のあり方、都市のあり方についてどのようなことを感じましたか?
2:地方に住む人々のニーズとして、どのようなことを感じますか?
3:地方から東京をみた時、どのように見えますか?暮らす、働くという身近なレベルから、行政など大きな括りまで。
4:これからの時代・・・地方と都市の関係はどうなるのか、地方コミュニティのあり方は、どうなっていくと思いますか?
5:地方に住む、地方で仕事をすることについてどのような魅力を感じますか?
6:逆に、地方に住む、地方で仕事をすることのデメリッ トや覚悟しておくべき課題は?
7:これまでHIP(所属組織)の活動の中でもっとも反響が大きかったり、「大成功だった」と感じる事例があれば、いくつかお教えください。
8:地方におけるソーシャルメディアの効果、活用事例、ソーシャルメディアの発達が発掘した地方の可能性について教えてください。
9:地方特有の課題をクリアにした社会活動でぴんとく るものは?

【アンケート協力者(敬称略)】
NPO ETIC/Team Japan /WE LOVE AKITA / WE LOVE MIKAWA/LLP クロスエッジ/Loop38//松山大学、愛媛大学 卒業生・在校生の皆様/ 
慶應大学院 政策・メディア研究科 政策・メディア専攻 社会イノベータコース卒業生・在校生の皆様/日頃お世話になっている皆様

ご協力ありがとうございました!!

スクリーンショット(2011-12-04 15.50.34).png
紅マドンナとUSTREAMの様子。
==================================================
1時間の生出演後は、
USTREAMで「就職活動」をテーマに20分間トーク。

ナビゲーターの後藤さん、ゲストの西田さん、HIP大濵3人共、
既存のナビサイトを経由しない就職活動を経験しており、
現在の就職活動の仕組みについて、問題意識をもっていました。

twiiterでは、
「ロールモデルとの出会いがあれば変わる」
「大手に就職したいのではなく安定を求めている」
「人と違う道を行くのは怖い」

など、ぞくぞくと意見がよせられました。

〜 THE FUTURE TIMES RADIO〜Talking about our futureの名のとおり、
これからの未来を担う若い世代の人達とご一緒した1時間20分。

この番組が、参加いただいた皆様の1歩へ、
未来へ繋がる道となるヒントとなったなら、幸いです。


==================================================
そして、収録後にはサプライズがありました。

番組前日、12/2は後藤さんのお誕生日!!
THE FUTURE TIMES/
創刊記念とダブルで、お祝いをしました。

シャンパン、ビール、ケーキ、サンドイッチ、お菓子等に、
12/3は「みかんの日」ということで、
四国・愛媛のみかん「紅マドンナ」をいただきました。

※東京タワーでは12月3日(土)と4日(日)の2日間、
「クリスマス・オレンジナイト ~今宵、タワーとともにオレンジの光が、東京を照らす~」が開催されています。(東京タワーの高さにちなんで2日間で3333個無料配布)


スクリーンショット(2011-12-04 16.27.10).png


次回の、J-WAVE 〜 THE FUTURE TIMES RADIO〜Talking about our futureは
3月予定。HIPも番組を楽しみに、地方を盛り上げる活動を続けてまいります。

引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

Home Island Projectは、四国を愛する人たちのネットワークです。四国を盛り上げ発信する様々な試みを続けています。
HIP aims at raising awareness about our “Home Island" SHIKOKU and turning the island into magnet for people around the world.

このページの先頭へ