HIP - Home Island Project

Powerd by Gofield.com,inc.

活動紹介

HIP 関西

2010年秋 小豆島満喫 & 体験ツアー

syodoshima.jpg


Created with Admarket's flickrSLiDR.


HIP関西初の四国遠征!
姫路からフェリーで小豆島・福田港へ。参加者の日ごろの行いがよいせいか、気持ちのよい秋晴れに恵まれて好スタートです。

二日間お世話になる「おりーぶの風農園」オーナーの守山さんのご案内で、まずはこの旅のメインのひとつ、秋祭りへ。小豆島の秋祭りは約一週間かけて各地区で順に行われるそうで、最終地区であるこの池田地区は大変な賑わいです。東京からのツアー参加者も合流し、海のすぐ近くにある昔ながらの石積みの桟敷席で早速見学することに。
立派な太鼓台が担ぎ手の男性たちによって、次々と会場の馬場へとやってきます。約1.5トンの大きな太鼓台を左右に揺らすパフォーマンスにはメンバー達も大歓声。担いでいる人も見ている人も楽しめる、「素敵な日本の祭り」でした。

お祭りを楽しんだ後は、昔ながらの民家を独自改築した守山さんの家「和楽庵」にてバーベキュー開始。守山さんお手製のオリーブ新漬けをいただき、昼間からついつい(?)お酒が進みます。守山さんは、愛する小豆島を元気にしたい!と、島のよさを少しでも多くの人に知ってもらうために3年前にオリーブの樹のオーナー制度を始められ、今では全国に100本のオーナーがいるそうです。
http://olivenokaze.blog12.fc2.com/blog-entry-19.html
http://ameblo.jp/travelnaoya/page-1.html#main
夜まで続いたバーベキューは、一面に広がる星空を眺めて終了。

2日目も快晴。まずは「おりーぶの風農園」にて参加者全員初体験のオリーブ狩り。しなやかな枝を曲げながら、茎を傷つけないように実だけを取ります。残念ながら、オリーブの実は加工してからでないと食べられないため、今日は実を摘んで眺めるだけです。

お昼は、海が見える「忠左衛門カフェ」にて、小豆島の幸が詰まったランチ。

ドライブがてら、エンジェルロード・土淵海峡と小豆島観光を少し楽しんだ後は、もうひとつのメインイベント「瀬戸内国際芸術祭」へ。

廃校になった小学校や、肥土山と中山、その間をつなぐ細道などが芸術祭の舞台になっています。ゆっくり歩きながら、のどかな風景の中に現れる作品たちを、秋の陽射しや田んぼの匂いとともに楽しみました。

楽しい時間はあっという間。四国に縁のある人もない人も、その魅力を五感で体感した二日間でした。

「おりーぶの風農園」の守山さん・山口さん、参加してくださった皆様、ありがとうございました!

Twitterボタン

Home Island Projectは、四国を愛する人たちのネットワークです。四国を盛り上げ発信する様々な試みを続けています。
HIP aims at raising awareness about our “Home Island" SHIKOKU and turning the island into magnet for people around the world.

このページの先頭へ